オペラ

新国立劇場オペラ《ドン・ジョヴァンニ》2019

《ドン・ジョヴァンニ》の初日を観た(5月17日 18:30/新国立劇場オペラハウス)。簡単にメモする。 指揮:カーステン・ヤヌシュケ(フランチェスコ・ランツィロッタは本人の都合でキャンセル) 演出:グリシャ・アサガロフ 美術・衣裳:ルイジ・ペーレゴ 照…

新国立劇場 開場20周年記念特別公演 オペラ《フィデリオ》新制作 2018【断片】

はてなダイアリーが1月28日に更新停止となる。最後まで書き切れていないが、記録として下書き欄から〝救出〟した。ベートーヴェンの唯一のオペラ《フィデリオ》の初日、三日目、千穐楽を観た(5月20日 14:00,27日 14:00,6月2日 14:00/新国立劇場オペラハ…

東京交響楽団《フィガロの結婚》演奏会形式 2018

ジョナサン・ノット率いる東響の《フィガロの結婚》を聴いた(12月9日 13:00/サントリーホール)。 これでダ・ポンテ3部作の完結。2016年《コジ・ファン・トゥッテ》(芸劇コンサートホール)、17年《ドン・ジョヴァンニ》(ミューザ川崎シンフォニーホー…

新国立劇場オペラ《松風》[新制作・日本初演] 初日と2日目の感想

オペラ《松風》の初日と2日目を観た(2月16日 19:00, 17日 15:00/新国立劇場オペラハウス)。 やっと細川俊夫のオペラが新国立劇場で上演された。素直に嬉しい。声のパートをトランペットやオケにアレンジした「松風のアリア」だけは2013年にサントリーホー…

藤原歌劇団《ルチア》2017/客席のアンフェアな反応

《ルチア》の初日を観た(12月9日 14:00/Bunkamura オーチャードホール)。 このプロダクションは2011年の再演らしいが、見たのは今回初めて。遅くなったが、プロットを追いながら簡単にメモする。 G.ドニゼッティ作曲《ルチア》オペラ2部(全3幕)<字幕付き…

新国立劇場オペラ《ルチア》新制作 2017

今日(12月9日)藤原歌劇団の《ルチア》初日を観てきた。タイトルロールの光岡、エドガルドのクォン、エンリーコのカン、アルトゥーロの小笠原、菊池ひきいる東フィル等々、客席のアンフェアな反応を除けば大変よい舞台だった。今年は新国立でも新制作で本作…

新国立劇場 オペラ《椿姫》再演 2017

オペラ《椿姫》再演の初日と二日目を観た(11月16日 19:00, 19日 14:00/新国立劇場オペラハウス)。初日は1階中央から、二日目は3階左奥から。 二年前の初演は演出・演奏・歌手が三拍子揃い、素晴らしい舞台だった(2015. 5.26のブログ参照)。今回はどう…

《ジークフリート》ハイライトコンサート ―邦人歌手による―/エレクトーンの伴奏について

オペラ関連の更新は一年半振りか。最後にアップしたのは昨年の1月で2015年12月公演の《妖精の女王》。新国立劇場のオペラ公演は、昨年まで13年間初日を同じ席で見てきたが、諸般の事情で継続せず。2016年10月からアラカルトにしたが、それでも《蝶々夫人》…

北とぴあ国際音楽祭2015 オペラ《妖精の女王》

オペラ《妖精の女王》の初日を観た(12月11日 18:00/北とぴあ さくらホール)。 遅ればせながら簡単にメモする。 作曲:ヘンリー・パーセル(1659-95) 原作:ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』(c.1594-96) 指揮:寺神戸 亮 演出:宮城 聰(SPAC…

新国立劇場オペラ研修所《ドン・パスクワーレ / こうもり(抜粋上演)》

上記の試演会の初日を聴いた(7月18日 14:00/新国立中劇場)。今回は都合で初日のみ。もう二週間経ったが簡単にメモする。 指揮:河原忠之(オペラ研修所音楽主任講師) 演出:粟國淳(オペラ研修所演出主任講師) ピアノ:岩渕慶子/木下志寿子 ダンス指導…

新国立劇場オペラ《ばらの騎士》2015

再演《ばらの騎士》の初日を観た(5月24日 14:00/新国立劇場オペラハウス)。 本プロダクションの初演が2007年6月。再演は2011年4月だが、3.11の影響で出演者の来日キャンセルが相次ぎ、オクタヴィアン、ゾフィー、ファーニナルに日本人歌手を充てる大幅な…

新国立劇場オペラ《椿姫》新制作

新制作された《椿姫》の初日と三日目を観た(5月10日 14:00,16日 14:00/新国立劇場オペラハウス)。 《ラ・トラヴィアータ(道をふみはずした女)》(初演1853) 作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901) 原作:アレクサンドル・デュマ・フィスの小説『…

新国立劇場オペラ《マノン・レスコー》4年ぶりに実現した舞台

プッチーニの《マノン・レスコー》初日を観た(3月9日 19時/新国立劇場オペラハウス)。 2011年3月に上演予定が震災・原発事故のため中止。その時と同じ主要キャストで四年後のこの日実現した(指揮者はリッカルド・フリッツァからピエール・ジョルジョ・モ…

音楽堂バロック・オペラ ヴィヴァルディ《メッセニアの神託》日本初演

バロック・オペラ《メッセニアの神託》の初日を観た(2月28日 15時/神奈川県立音楽堂)。 神奈川県立音楽堂 開館60周年記念特別企画 《メッセニアの神託》全3幕(イタリア語上演/日本語字幕付) ファビオ・ビオンディによるウィーン版(1742年)の再構成版…

新国立劇場 オペラ研修所公演 ロッシーニ《結婚手形》/《なりゆき泥棒》

オペラ研修所公演《結婚手形》/《なりゆき泥棒》の初日と二日目を観た(2月20日,21日 18:30/新国立中劇場)。 ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1868)《結婚手形》(1810)/《なりゆき泥棒》(1812) 【各全1幕/イタリア語上演/字幕付】 指揮:河原忠…

新国立劇場オペラ《こうもり》2015/この国を覆う重苦しさのなかで

1月20日以来、何をやっても重苦しさから解放されない日々が続いた(最悪の結末を迎えた1月25日そして2月1日を経たいまも、この国自体いっそうひどい状況にあることが露呈)。そんななか《こうもり》の再演にぶつかった。このオペレッタは聴く(見る)者を幸…

新国立劇場オペラ《さまよえるオランダ人》2015/指揮者のダウンビート/相変わらずのカーテンコール

《さまよえるオランダ人》を観た(1月18日 14時/新国立オペラ劇場)。 このプロダクションの初演は2007年2月。その後2012年3月に再演し、今回は3回目となる。 指揮:飯守泰次郎 演出:マティアス・フォン・シュテークマン 美術:堀尾幸男 衣裳:ひびのこづ…

新国立劇場 特別企画『さまよえるオランダ人』(演奏会形式)

特別企画『さまよえるオランダ人』(演奏会形式)を観た(1月16日 19時/新国立中劇場)。 指揮:城谷正博 ピアノ:木下志寿子ダーラント:長谷川 顯 ゼンタ:橋爪ゆか エリック:片寄純也 マリー:山下牧子 舵手:土崎 譲 オランダ人:小森輝彦 本公演のカ…

2014新国立劇場オペラ《ドン・カルロ》

これも年が変わる前にアップする。《ドン・カルロ》再演の初日を観た(11月27日 18:30/新国立オペラ劇場)。 プロダクションの初演は2006年9月。 《ドン・カルロ》全4幕〈イタリア語上演/字幕付〉 作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ 原作:フリードリヒ・フォ…

2014新国立劇場オペラ[新制作]《パルジファル》

2ヶ月半前、書き殴ったメモをブログの下書き欄に打ち込みかけたが、あの頃かなり忙しく、今日まで放置してしまった。大晦日のいま続けようとしたら、舞台の記憶が薄れているうえに我ながらひどい悪筆で解読できない箇所がけっこうある。公演直後ならメモに…

北とぴあ国際音楽祭2014 歌劇《プラテ》セミ・ステージ形式

ラモーの歌劇《プラテ》を観た(11月7日 19時/北とぴあ さくらホール)。 ラモー没後250年記念 歌劇《プラテ》(初演:1745年ヴェルサイユ/1749年パリ・オペラ座) セミ・ステージ形式/フランス語上演/日本語字幕付 作曲:ジャン=フィリップ・ラモー(1…

ラ・ヴェネクシアーナのモンテヴェルディ《ポッペーアの戴冠》

ラ・ヴェネクシアーナによる《ポッペーアの戴冠》を聴いた(10月15日 18:30/東京オペラシティコンサートホール)。簡単なメモ。 モンテヴェルディ作曲 歌劇《ポッペーアの戴冠》コンサート・スタイル/原語(イタリア語)上演/日本語字幕付 ラ・ヴェネクシア…

NNTT Young Opera Singers Tomorrow 2014/「オペラ・ガラ・コンサート」の名に恥じぬ内容

新国立劇場オペラ研修生によるオペラ・ガラ・コンサートを聴いた(12月23日 14時/新国立中劇場)。 出演:オペラ研修所研修生第15期生、第16期生、第17期生 ピアノ:河原忠之(オペラ研修所音楽主任講師) オペラ研修所長:永井和子 モーツァルト作曲『フィ…

サブスクリプション公演の充実/新日本フィル・新国立劇場オペラ・BCJ・ファナーレ

月曜から土曜までの六日間で五つの公演を観(聴い)た。ジャンルはコンサートとオペラ。 9月29日(月)新日本フィル #530 定演(メッツマッハー指揮)ツィンマーマン:大オーケストラのためのプレリュード『フォトプトシス』日本初演/『ユビュ王の晩餐のた…

新国立劇場 演劇『三文オペラ』初日

『三文オペラ』の初日を観た(9月10日 19時/新国立中劇場)。 作:ベルトルト・ブレヒト 音楽:クルト・ヴァイル 翻訳:谷川道子 演出:宮田慶子 音楽監督:島 健 美術:池田ともゆき/照明:沢田祐二/音響:渡邉邦男/衣裳:半田悦子/歌唱指導:伊藤和美…

新国立劇場オペラ研修所 試演会《秘密の結婚/ラ・ボエーム》(抜粋上演)/新所長と新音楽主任講師に期待する

オペラ試演会《秘密の結婚/ラ・ボエーム》(抜粋上演)を観た(8月2日 14時/新国立小劇場)。 研修所長:永井和子 指揮:河原忠之(音楽主任講師) 永井和子の所長就任は知っていたが、河原忠之が音楽主任講師に着任したのは初耳だった。彼の音楽との出会…

本ブログの“引用”について2(報告)

6月4日付け「本ブログの“引用”について」で記した一件が、本日、いちおう決着した。 一月前のあの時点では「似た書き方をする」とか「本ブログと同じ文言が頻出した」とか、かなり紳士的な表現を使っていた。だが、次第に腹立たしくなり、両者を子細に読み比…

本ブログの“引用”について

本日発行の某新聞夕刊に新国立劇場《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》の評が出ていた。当初はずいぶん自分と似た書き方をするなと思ったが、やがてそれは疑惑に変わる。私が初日(5月14日)の感想を書いた5月19日付けのブログと同じ文言が頻出したか…

新国立劇場オペラ[新制作]《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》 素晴らしいプロダクション

新制作《カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師》の初日を観た(5月14日 19時/新国立劇場オペラハウス)。 久々に素晴らしいプロダクション。ジルベール・デフロの演出がいい。オケ(レナート・パルンボ指揮)も、弦の響きに弾性があり、低音も充実。ブラ…

2013年12月〜2月感想メモ/BCJ『レクイエム』/新国立バレエ『くるみ割り人形』+厚木公演/日本バレエ協会『アンナ・カレーニナ』/新国立オペラ『カルメン』『蝶々夫人』/新日本フィル#105定演/現代能楽集VII「花子について」/ARCHITANZ 2014

そういうわけで(http://d.hatena.ne.jp/mousike/20140213/1392284532)たまった舞台の感想をまとめて簡単にメモする。 BCJ #105定演 モーツァルト『レクイエム』鈴木優人 補筆校訂(12月9日 19時/東京オペラシティ コンサートホール) 2006年モーツァルト…