バレエ

2014ボリショイ・バレエ『ドン・キホーテ』12月6日マチネ+ソワレ/成熟したアレクサンドロワに大歓声

ボリショイ・バレエによる最後の演目『ドン・キホーテ』を昼夜ダブルで観た(12月6日 12:30・18:30/東京文化会館)。 ≪ドン・キホーテ≫全3幕 音楽:ルートヴィヒ・ミンクス 台本:マリウス・プティパ 原振付:マリウス・プティパ,アレクサンドル・ゴールス…

2014ボリショイ・バレエ『ラ・バヤデール』初日

ボリショイ・バレエの『ラ・バヤデール』初日を観た(12月3日 18:30/東京文化会館)。 ≪ラ・バヤデール≫全3幕原振付:マリウス・プティパ(1877年) 追加振付:ワフタング・チャブキアーニ、コンスタンチン・セルゲーエフ、 ニコライ・ズプコフスキー 振付…

2014ボリショイ・バレエ『白鳥の湖』/久し振りに見たザハロワ

ボリショイ・バレエによる『白鳥の湖』東京公演の初日を観た(11月20日 19時/オーチャード・ホール)。 今回は配役がいろいろ変わった。以下は簡単なメモ。 ≪白鳥の湖≫全2幕4場振付:マリウス・プティパ、レフ・イワノフ、 アレクサンドル・ゴールスキー、…

新国立劇場バレエ[新制作]『眠れる森の美女』初日・二日目・四日目

2014/2015シーズン・オープニング公演『眠れる森の美女』の初日と二日目、四日目を観た(11月8日・9日・13日 各14時/新国立劇場オペラハウス)。 だいぶ待たされたが、やっとバレエ部門の開幕だ。本当は米沢唯の二回目(11日 18:30)も見たかったが、翌日が…

2014 新国立劇場 こどものためのバレエ劇場『しらゆき姫』/J. シュトラウス II のバレエ音楽/ストーリーの異同/こどもに伝えるメッセージ

『しらゆき姫』を全4キャストで観た(7月25日 11:30・15:00・26日 11:30・15:00/新国立劇場オペラハウス)。この演目は、その後、柏崎市文化会館(新潟)、フェスティバルホール(大阪)、アルカスSASEBO大ホール(長崎)で上演され、今後はサンポート高松…

バレエ・アステラス☆2014/“ブラボー唯ちゃん”の意味

「バレエ・アステラス☆2014〜海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて〜」を観た(7月20日 15時/新国立劇場オペラハウス)。 例によってごく簡単にメモする。 バレエ・アステラス☆2014選考委員(五十音順): 安達悦子(東京シティ・バレエ団理事長) …

新国立劇場バレエ『パゴダの王子』再演/ビントレー芸術監督の最後の舞台

『パゴダの王子』再演の全3キャストに加え、ビントレー芸術監督の最後となる楽日を観た(6月12日19時・14日14時・19時・15日14時/新国立劇場オペラハウス)。 ビントレーがこのバレエ団に振り付け初演したのが2011年。あれから三年か。以下、だらだらと感想…

新国立劇場バレエ『ファスター/カルミナ・ブラーナ』初日・二日目/成熟した湯川麻美子と瑞々しい米沢唯/合唱は素晴らしいがソリストが

ビントレーの近作と旧作をカップリングしたバレエ公演『ファスター/カルミナ・ブラーナ』の初日と二日目を観た(4月19日 18時・20日 14時/新国立劇場オペラハウス)。 湯川さんと唯ちゃんのフォルトゥナをもう一度見たかった。が、昨夜(25日)はフィリッ…

NHKバレエの饗宴2014/興味深いプログラム

仕事に追われ、なかなかブログの更新ができない。遅まきながら簡単にメモする。 NHKが主催する「バレエの饗宴」を観た(3月29日17時/NHKホール/主催:NHK、NHKプロモーション/協賛: 三菱商事株式会社/協力:チャコット株式会社)。 三回目の今…

パリ・オペラ座バレエ団『椿姫』初日/情感はほとんど湧かず

Dランクの4階右バルコニー三列目から初日を観た(3月20日 18:30/東京文化会館)。 『椿姫』プロローグ付 全3幕(2006年6月20日パリ・オペラ座初演) 音楽:フレデリック・ショパン 振付・演出:ジョン・ノイマイヤー(1978年) 美術・衣装:ユルゲン・ロー…

ARCHITANZ 2014 3月公演

アーキタンツの3月公演プログラムを観た(3月21日14時/新国立小劇場)。 『Boy Story』 振付:ユーリ・ン Yuri Ng 出演:香港バレエ団 The Hong Kong Ballet 自伝的な作品。中国に、アジアに、つまり非西洋圏に生まれながら、西洋伝来の芸術に魅せられた青…

新国立劇場バレエ「シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメンツ」/ジェシカ・ラングの新作ほか【追加】

トリプル・ビル「シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメンツ」の初日と二日目を観た(3月18日・19日 19時/新国立中劇場)。【作品を確かめたくて楽日の23日(14時)2階から見た。】 《世界初演》 『暗やみから解き放たれて』Escaping the Weight of Darkne…

パリ・オペラ座バレエ団『ドン・キホーテ』最終日

『椿姫』だけのつもりが、これも見ておいたほうがと勧められ上野へ(3月16日/東京文化会館)。 席はDランクの4階右バルコニー三列目。それでも11,000円。やはり高い。 音楽:ルートヴィク・ミンクス 編曲:ジョン・ランチベリー 振付・演出:ルドルフ・ヌ…

新国立劇場バレエ『白鳥の湖』2014/四日目/米沢唯という表現者2

『白鳥の湖』四日目(2月22日 14時/新国立劇場オペラハウス)。 再び米沢唯&菅野英男組。16日は1階15列目のほぼ中央で見たが、二回目のこの日は3階左バルコニーから。二人の『白鳥』を初めて見た二年前と同じ席。 プロローグ。オデット姫は下手から登場…

新国立劇場バレエ『白鳥の湖』2014/三日目/バレエの照明

遅まきながら『白鳥の湖』三日目のメモを簡単に(2月21日 19時/新国立劇場オペラハウス)。 堀口純は姿形は白鳥らしいが、いかにも不安定で特に脚が心許ない。その懸念は残念ながら第三幕で現実化した。アダージョでは、黒鳥オデットの強さをなんとか表現し…

2013年12月〜2月感想メモ/BCJ『レクイエム』/新国立バレエ『くるみ割り人形』+厚木公演/日本バレエ協会『アンナ・カレーニナ』/新国立オペラ『カルメン』『蝶々夫人』/新日本フィル#105定演/現代能楽集VII「花子について」/ARCHITANZ 2014

そういうわけで(http://d.hatena.ne.jp/mousike/20140213/1392284532)たまった舞台の感想をまとめて簡単にメモする。 BCJ #105定演 モーツァルト『レクイエム』鈴木優人 補筆校訂(12月9日 19時/東京オペラシティ コンサートホール) 2006年モーツァルト…

アメリカン・バレエ・シアター『マノン』2014 全3キャスト(2)ケント&ボッレ組/セミオノワ&スターンズ組

二つのキャストについて簡単にメモする。 ジュリー・ケント&ロベルト・ボッレ組(2月28日 18:30/東京文化会館)。 前ブログに書いたとおり、間違えて買ったチケットだが、見ることができてよかった。 ボッレのデ・グリューを見たのは、ロイヤルバレエ来日…

アメリカン・バレエ・シアター『マノン』2014 全3キャスト(1)/全身全霊を込めたヴィシニョーワのマノン

2月28日(金)13:00/18:30/3月1日(土)13:00と全3キャストを観た(東京文化会館)。 『マノン』はいつも全キャストを見てしまう。新国立(2003年/2012年)はいうまでもなく、2005年ロイヤル・バレエの来日公演も4キャストすべてを見た(あの頃は惜しげ…

アメリカン・バレエ・シアター『くるみ割り人形』【訂正】

ABTの『くるみ割り人形』を「ジャパン・アーツ夢倶楽部公演招待」で見せてもらった。(2月21日 13時/BUNKAMURA オーチャードホール)。 [世界初演:2010年12月23日、ニューヨーク、ブルックリン音楽アカデミーのハワード・ギルマン・オペラハウスにて(主…

アメリカン・バレエ・シアター「オール・スター・ガラ」Aプロ/オール・スター?

ABTの「オール・スター・ガラ」Aプロを観た(2月25日 18:30/BUNKAMURA オーチャードホール)。 座席は3F左バルコニー後方。2・3階は空席がかなり目立つ。1階にキャロライン・ケネディ駐日米国大使の姿が見えた。 ごく簡単にメモする。 《テーマとヴァ…

新国立劇場バレエ団 大原永子次期芸術監督による新シーズン説明会

初日公演の後、次期芸術監督の大原永子(のりこ)氏による新シーズン演目説明会があった(2月15日 17:00-17:50/新国立劇場オペラハウス)。 途中で何度も席を立ちかけたが、思いとどまった。最後まで見届けるためだ。 この人はいったい誰に話しているのか。…

新国立劇場バレエ『白鳥の湖』2014/二日目/米沢唯という表現者

二日目について(2月16日 14時/新国立劇場オペラハウス)。 前回の『白鳥』では米沢唯のオデット/オディールを見て驚嘆し、ブログにも書いた(http://d.hatena.ne.jp/mousike/20120515/1337087553)。2012年5月だがからもう二年近くも前になる。彼女にとっ…

新国立劇場バレエ『白鳥の湖』2014/初日

『白鳥の湖』の初日と二日目を観た(2月15日 14時・16日 14時/新国立劇場オペラハウス)。 まずは初日から。 福岡雄大のジークフリート王子はこれまでとは違う感触。できる限り王子らしく振る舞おうとの意図がさらによく見える。一幕のソロや三幕のヴァリエ…

新国立劇場バレエ「DANCE to the Future 〜Second Steps 〜」/ダンサーたちに生きる糧を与える企画

新国立劇場バレエ団による「DANCE to the Future 〜Second Steps 〜」の初日を観た(12月7日 14時/新国立小劇場)。 バレエ団ダンサーたちの振付による「新しいダンス作品集」。たいへん面白かった。 監修・芸術監督:デヴィッド・ビントレー 照明:鈴木武…

新国立劇場バレエ「バレエ・リュス ストラヴィンスキー・イブニング」/色彩感あふれる『火の鳥』/じつに面白い『アポロ』/前近代的な味わいの『結婚』

新国立劇場バレエのオープニングを飾るトリプルビル「バレエ・リュス ストラヴィンスキー・イブニング――火の鳥/アポロ/結婚」の初日と二日目を観た(11月13日・15日 19時/新国立劇場オペラハウス)。 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971) 指…

小林紀子バレエ・シアター『マノン』2013

2011年に引き続き小林紀子バレエ・シアターが上演した『マノン』の初日を観た(8月24日 17時/新国立劇場オペラハウス)。 二年まえ島添亮子(あきこ)の相手はロバート・テューズリーだったが、今回は英国ロイヤル・バレエでプリンシパルを務めるエドワード…

バレエ・アステラス☆2013

「バレエ・アステラス☆2013〜海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて〜」を観た(7月21日 13時/新国立オペラ劇場)。 ごく簡単にメモする。 バレエ・アステラス選考委員会・選考委員 安達悦子(東京シティ・バレエ団理事長) 岡本佳津子(公益財団法人井…

英国ロイヤル・バレエ団<ロイヤル・ガラ>

昨日、英国ロイヤル・バレエ団<ロイヤル・ガラ>を観た(7月10日 18:30/東京文化会館)。 ごくごく簡単にメモする。 【第一部】 「ラ・ヴァルス」 振付:フレデリック・アシュトン/音楽:モーリス・ラヴェル 小林ひかる、平野亮一、 ヘレン・クロウフォー…

新国立劇場バレエ『ドン・キホーテ』全4キャスト/感慨深い公演/熱と温もりと送別

金曜日(7月5日)は新日本フィルの定演だった。錦糸町のトリフォニーホールへ出かけるついでに、会期があと三日に迫った『夏目漱石の美術世界展』目当てに上野へ立ち寄った。会場の東京藝大美術館はかなりの混みよう。蒸し暑いうえにあの人混みでは、絵に付…

新国立劇場バレエ『ペンギン・カフェ 2013』

ブログを始めて13ヶ月。記事数は80篇。けっこう書いたものだ。対象とする舞台芸術のジャンルが複数に亘るため、このさい演劇・オペラ・バレエ・ダンス・コンサートの五つのカテゴリーに整理してみた。今後は劇場文化を考えるうえで参考となる本についてもメ…